石巻市6次化センターの業務

6次産業化とは

6次産業化とは、農業や漁業、林業などの1次産業者が主体となり、その産品の加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)を行うことを意味します。これを行うことにより、地域で生まれている1次産品や資源を活用して付加価値を生み出し、1次産業者の所得向上や、地域全体の雇用促進などにつなげていきます。

また6次産業化は、1次産業者だけにメリットがあるわけでありません。これまで2次・3次産業者を通して加工・流通・販売で発生した人件費や運送費などのコストが削減できるため、良い商品を安く購入できるというメリットが消費者にも生まれます。

ちなみに6次産業とは、農業経済学者の今村奈良臣氏が提唱した造語で、その中にある「6」次とは、「1次産業」「2次産業」「3次産業」の頭の数字をかけてでた数字を表しています。足しても「6」次にはなるのですが、互いの産業が相乗効果を得られるようにとの気持ちを込めて掛け算で表記しています。

石巻市6次化産業化・地産池消推進センターについて

石巻市6次産業化・地産地消推進センターは、農林漁業者等の6次産業化の取り組みを支援する石巻市役所が設置する窓口です。

 

農林漁業者等のニーズに応じて、加工や販路開拓、衛生管理、経営改善、異業種との連携など多様な分野について、民間の専門家を支援員として派遣し、6次産業化の取り組みへのアドバイスや事業計画策定支援などを無料で行います。

面談や電話等を通じて農林漁業者等からの相談をお伺いしたうえで、石巻市6次産業化・地産地消推進センターから支援員を派遣し、6次産業化の取組支援を行います。

食品加工や農山漁村の資源を活用した新しい事業展開をお考えの皆様は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 0225-98-9356 ※営業時間 平日(8:30~17:00)土日祝・年末年始除く